ニットベストの紹介

 

ジャガード編みのニットベスト

 

 シングルジャガードと呼ばれる手法で、表にひびかないように裏側に糸を渡しながら編んでします。糸を渡している為、伸縮性が少し悪くなりますが、裏糸は表側にひびかないので綺麗な柄に仕上がります。 

 

 衿と袖リブはニット特有のリンキングと呼ばれる処理となっており、縫い代による凹凸もなく、伸縮性も非常に良いです。

 

 

製造委託/OEMをご検討中で、サンプル(製品見本)や試作品をご希望の場合は、スズニットにご相談ください